進学プラザグループ

GTEC対策オンライン英会話講座
English Speaking Training

    • 入塾までの流れ

    お知らせ

    • 定期テスト対策授業
    • 俊英四谷大塚入塾テスト
    • 俊英四谷大塚ジュニアコース
    • EST for GTEC

    進学プラザグループ

    • 仙台進学プラザ
    • 仙台個別指導学院
    • 俊英四谷大塚
    • 育英舎自立学習塾
    • パズル道場
    • TOPPA館
    • 東進中学NET
    • 東進衛星予備校
    • Lepton
    • クラスベネッセ
    • BEstudio
    • EST for GTEC
  • gtec
    「EST」とは、ネイティブとのオンライン英会話講座。
    -特に「話す」力を身につけられます
    読むReading 書くWrighting 聞くListening 話すSpeaking

    「English Speaking Training」略して「EST」は、インターネットを介し、ネイティブ外国人講師とマンツーマンで会話しながら行うオンラインレッスン。
    学校で習う語彙・表現を用いて、スピーキングを中心に総合的な英語力を養成します。

     

    ・240コンテンツからレベルに応じた7コースのカリキュラムで入試に必要な英語力を養成

     

    ・到達度を確認するためのミニテストあり

    2020年の大学入試改革から、英語は「話す」能力が問われます。
    -早めの準備で差をつけましょう

    「大学入試センター試験」が、いよいよ2020年の大学入試改革により「大学入学共通テスト」に替わります。

     

    英語においては、センター試験の「読む」「聞く」の2技能に「話す」「書く」を加えた4技能の評価ができる外部の検定試験の活用へと段階的に変わります。

    そもそも「GTEC」とは?
    -「大学入学共通テスト」で最多の採用が見込まれる外部検定試験の1つです。

    GTEC(ジーテック:Global Test of English Communication)「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を測るスコア型英語4技能検定です。

    下記の要件をすべて満たすことから、大学入試改革で最も多くの大学からの採用が予想される検定です。

     

    1.「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を評価できること

    2.学習指導要領に沿っていること

    3.CEFRに対応していること

    4.高校3年生の4~12月に2回まで受検できること

     

    継続的に受検することで英語力の伸長を数値で確認できるため、目標の設定、その達成の充実感を得ることができます。

     

    ▼宮城の採用校一覧▼

    石巻高等学校/泉高等学校/泉館山高等学校/岩ケ崎高等学校/気仙沼高等学校/気仙沼西高等学校/小牛田農林高等学校/佐沼高等学校/白石高等学校/聖ウルスラ学院英智高等学校/聖ドミニコ学院高等学校/聖和学園高等学校/仙台育英学園高等学校/仙台白百合学園高等学校/仙台市立仙台青陵中等教育学校/仙台第二高等学校/仙台東高等学校/築館高等学校/東北学院高等学校/東北学院榴ヶ岡高等学校/中新田高等学校/古川学園高等学校/古川黎明高等学校/宮城第一高等学校/明成高等学校/涌谷高等学校


     
    GTEC大学入試採用 335校 GTEC年間受検校 1700校 年間受検者数102万人 2017年度実績
     

    2020年を待たず、多数の大学入試に採用されていることから、多くの高校で GTECを受検する取り組みを行っています。

    基本レッスンの流れ

    オーセンティックな状況設定(=会話をする必然性のある状況)で毎回異なるタスクを行います。
    自分の考え・好み疑問などがコミュニケーション活動に反映され、英語でコミュニケーションをした実感・達成感を得ることができます。タスクをこなす際に必要となる文法・語彙も合わせて学ぶので、既習文法や語彙を使いこなす力が身につきます。
    ※レッスン内容は今後変更される場合もあります。

     
    レッスン時間 約40分 Read~Activityにかけて徐々に難易度が上がるので、無理なく取り組めます。受講者のレベルに応じて、フリートークの割合を増やすなどの、習熟度に合わせたレッスンを行います。
    EST 3つのメソッド
    ポイント1

    学習指導要領準拠×CEFR(セファール)に対応

    「EST」で扱う文法・語彙はCEFRと日本の中学・高校の指導要領に準拠したカリキュラムで構成されるので、学校での授業と平行してムリなく英語力を鍛えることができます。
    また、生徒に身近な場面や状況を設定したタスクベースのレッスンとなっており、GTECのSpeakingで問われる、「実際に使う」場面を想定した出題に対応する力をつけることができます。

    CEFRとは?

    CEFR(セファール:Common European Framework of Reference for Languages)とは「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠」のことで、外国語のコミュニケーション能力を測る国際標準規格で熟達度を6段階に評価します。2020年からスタートする「共通テスト」において利用される外部検定試験の評価(スコア)は、CEFRの各段階に関連づけされることになります。

    GTECスコアとCEFRレベルの対照表&「EST」のコースレベル

    ポイント2

    徹底してこだわった講師の質と授業環境

    徹底してこだわった講師の質と授業環境

    レッスンは進学プラザの教室で海外のネイティブ外国人講師とインターネットを介して行われます。
    講師陣は英語が公用語で、小~大学の授業が英語で行われているフィリピン人が中心です。英語学習者の気持ちを理解でき、明るく親切な国民性がオンラインレッスンの講師に適しています。
    1,000名以上在籍する講師は定期的に研修に参加し、常にレッスン技術の向上に努めています。よくあるフリーランス講師の自宅からの配信ではなく、専用のオフィスに出勤し、適切な管理者のもとで専用ブースからレッスンを行います。

    ポイント3

    学習指導要領準拠オリジナル教材

    テキストは小学校・中学校・高校の各学年を目安とした履修範囲から構成されているため、学校や塾の授業との連動で、学んだ語彙・文法・表現の定着につながります。また、生徒に身近な場面や状況を設定し応答させることにより、英語の「スピーキング力」を養成します。

    【画像クリックで拡大】
    【画像クリックで拡大】

    推薦者のコメント

    学校で学んだ知識が定着しさらに応用力まで身につけることができます。

    東海大学国際教育センター 英語教育部門 教授 長沼君主先生

    続きを読む

    OSTを推薦する理由
    私がOnline Speaking Trainingを推薦する一番の理由は、受講者が学校で学んだ知識を定着させ、さらに応用力まで身につけられる点です。本講座は中高生が自分自身で発想・思考し、話を展開する実践力を高めていけるトレーニングプログラムとして開発されました。スピーキング力やリスニング力はいうまでもなく、さらに文法を使いこなす力、柔軟に使い分ける力、豊かな語彙力も養います。
    OSTを検討している先生へのメッセージ
    本講座の大きな特長の一つは、「実際の場面に合わせてどう話を展開させていくか」という、具体的な談話ストラテジーが身につくこと。普段の授業にOSTをプラスすることで、授業がますます活発に実り豊かなものになっていくことを願います。
    生徒の皆さんへのメッセージ
    本講座のテキストに掲載されている文法表現はレッスン中に積極的に使っていきましょう。さまざまな文法や語彙表現に、興味を持ってほしいと思います。退屈に思われがちな文法も、実は役に立つ面白いものであることが実感でき、生きた文法として定着していきますよ。

    千里の道も一歩から。まずは、自分の考えを話すことを楽しんでください。

    早稲田大学名誉教授 ジェームス・M・バーダマン

    続きを読む

    生徒の皆さんへのメッセージ
    はじめは、自分の言いたいことが言えず、相手の言いたいこともわ からず、もどかしい思いをすると思います。でも、OSTで登場する単語や文法表現を学習して準備しておけば、状況に 応じて話せるようになります。
    レッスンでは、会話文を読んで単語や文法表現を学習したあと、会話の流れを予想しながらスピーキング練習し、最後 に自分の考えを短くまとめて発表する流れになっています。最初のうちは、緊張して疲れてしまうかもそれませんが、 発表を重ねるうちに自信がつき、自分の考えをスムーズに伝えられるようになります。ここで培ったスキルは、将来、 高度な議論をするときにも役に立つはずです。
    千里の道も一歩から。まずは自分の考えを話すことを楽しんでください。そのほか、相手に自分の興味のあることを伝 えてみたり、問題の解決法を提案してみたり、英語であらゆることをコミュニケーションしていきましょう。粘り強く スピーキングに取り組めば、早く話せるようになりますし、英語でのコミュニケーションが楽しくなっていきますよ。

    ESTと同システムで学校向けに活用されている、「ベネッセオンライン英会話プログラム(=OST)」にてプログラムの有用性は専門家にも認識されています。
    ESTで学習することで、学校で学んだ知識の定着から応用力まで身につけます。スピーキングトレーニングやリスニングだけでなく、文法を使いこなす力、使い分ける力、豊かな語彙力を養います。粘り強くスピーキングのトレーニングに取り組むことで英語でのコミュニケーションが楽しくなり、大学入試対策のみならず、留学や高校卒業後も使える活きた英語力の習得に期待ができます。

    受講料

    2020入試改革対応オンライン英会話講座English Speaking Training

    BeginnerBasicA1 StdA1 HighA2 StdA2 HighAdvanced Plus

    対象:中学生~高校生

    240コンテンツからGTECと同傾向の問題を厳選した7コースのカリキュラムです。

    受講料:週1回(約40分) 9,000 円(税別)/月

    無料体験のご案内
    • 宮城
    • 福島
    • 青森
    • 新着情報はありません。

    • 新着情報はありません。

    • 新着情報はありません。

    教室を探す
    資料請求・ご相談・お申し込みはお気軽にご連絡ください
全国統一小学生テスト
各会場のご案内はこちらから