進学プラザグループ

合格体験記
Experience note

    • 入塾までの流れ

    お知らせ

    • プレ定期考査
    • 難関校突破模試
    • 山形県統一模試
    • 俊英四谷大塚入塾テスト
    • 俊英四谷大塚ジュニアコース
    • EST for GTEC

    進学プラザグループ

    • 仙台進学プラザ
    • 仙台個別指導学院
    • 俊英四谷大塚
    • 育英舎自立学習塾
    • パズル道場
    • TOPPA館
    • 東進中学NET
    • 東進衛星予備校
    • Lepton
    • クラスベネッセ
    • EST for GTEC
    • 進学塾はやぶさ
  • 合格速報_2020高校入試
    合格速報_2020中学入試
    合格速報_2020大学入試
    avator_junm
    2020年合格

    先生方の豊富な経験からの的確なアドバイス

    息子から県外進学の希望・意志を聞いた時は、親の想定外のことだったので正直驚きましたが先輩方の素晴らしい進学成績に刺激され、県外進学を決めたようでした。親子共々初めてのことで不安だらけのチャレンジでしたが、先生方の豊富なご経験から的確なアドバイスをいただき、無事合格することができました。温かく導いてくださった先生方には感謝でいっぱいです。弟も安心してお願いしようと思っています。よろしくお願いいたします。

    avator_junm
    2020年合格

    自信を無くしたときも先生の言葉で気持ちを切り替えて勉強に向き合えた

     6年生の夏期合宿のテストでは良い結果を出せず、かなり自信を無くしてしまいました。ですが、先生から「メンタルが一番の課題。実力は十分あるからそこを何とかすれば大丈夫!」と励ましてもらい、気持ちを切り替えて後期の受検勉強に向き合うことができました。
     先生方は勉強だけでなく生徒一人ひとりの気持ちも支えてくださり、そのおかげで私は自分を信じて本番に臨むことができました。これから挑戦する皆さんも、自分と先生方を信じて本番に臨んでください!!

    avator_junw
    2020年合格

    先生の言葉が支えとなり、目の前の壁を何度も乗り越えられた

     私は、中学受検をするつもりなくこの塾に入塾しましたが、塾生の仲間から影響を受け私も中学受検をして志望校に受かりたいと思うようになりました。
     先生は、テストの点数が悪く落ち込んでいた私に「次がある!」と励ましてくれ、その言葉が支えとなりました。また、くじけそうになったとき相談にのってくれ、目の前の壁を何度も乗り越えられました。
     今まで私を支えてくれた先生方、本当にありがとうございました。

    avator_junm
    2020年合格

    1番成長できたのは合宿友達がいたから乗り越えられた

     青陵中説明会で受けた「数楽タイム」の授業にひかれ、受検することを決めました。小学4年で四谷大塚に入塾し、苦手だった算数を克服するため何度もテキストの問題をくり返し勉強しました。
     3年間で1番自分が成長できたのは合宿です。普段塾で授業を受ける時とはまた違った緊張感がありました。友達がいたので辛い勉強の毎日も乗り越えられました。
     中学校では部活と勉強の両立を図っていき、受検勉強で学んだ高みを目指す気持ちを忘れずに頑張りたいです。

    avator_junm
    2020年合格

    自己最高の点数で合格成長させてくれた先生方に感謝

     私が受検で良い結果を出すことのできた一番の勝因は、塾の整った学習環境で勉強したことと、先生の厳しくも優しい励ましの言葉に支えられたことです。
     私は4年生から入塾し、塾と水泳を両立させてきました。そのため、今まで時間がなくておろそかにしてきた部分が6年生になって目立ち、不安になりました。しかし、分からないところを重点的にやることによって自己最高の点数で合格することができました。ここまで成長させてくださった先生方に感謝しています。

    avator_junw
    2020年合格

    追いつけるよう必死に頑張り最後の模試ではトップになれた

     私が四谷に通い始めたのは、6年生になってからでした。最初は周りのレベルがとても高く、ついていくのがやっとでしたが、皆に追いつけるよう必死に頑張りました。入試直前は過去問を解きまくり、「銀本」は2007年までさかのぼって勉強しました。作文は授業以外でも自分で書いて先生に添削してもらって勉強し、最後の模試ではトップを取ることができました。
     親友と呼べる友達もでき、共に目標を高く持って最後まで頑張れたことが合格につながったと思います。

    avator_junw
    2020年合格

    得意な算数では誰にも負けたくない!その思いから分かるまで質問

     もともと別の教材で学習をしていましたが、さらなる高みを目指し、四谷大塚へ入塾しました。最初の組分けテストでは、得意だと思っていた算数で偏差値がとても低く、改めて四谷のレベルの高さを実感しました。得意な算数で、誰にも負けたくない。その思いから分かるまで先生に質問をしました。スランプになったときも、先生方が優しく励ましてくれました。
     最後まで先生を信じてよかったです。今まで支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

    avator_junw
    2020年合格

    先生方の的確なアドバイスをもらい、大小の壁を乗り越えられた

    いくら受検生とはいってもやはり小学生ということで、この3年間、親子共に大小の壁に当たりながら頑張ってきました。塾の先生方には適切なアドバイスをいただきながら、何とかここまで来れた感があります。心より感謝いたします。

    avator_junm
    2020年合格

    友だちと競い合い、学力だけでなく精神面でも大きく成長

    小6からという遅い入塾となり、周囲の友達の自信のある姿に親子で不安になることもありましたが、友だちと競い合う環境の中で、学力だけでなく精神面でも大きく成長できたと思います。良い先生にも出会い、我が子なりのスタイルで合格できました。

    avator_junw
    2020年合格

    子供達をひきつける楽しい授業で、問題を解く楽しさを知った

    最初の頃は問題の難しさに大丈夫かな?と心配になりました。しかし、先生方の子どもたちをひきつける楽しい授業のおかげで、子どもの口から「難しい問題が解けるとスッキリするんだよ!」という言葉を聞いたときには、入塾させて本当に良かったと思いました。ご指導、ありがとうございました。

    avator_junw
    2020年合格

    友達と切磋琢磨し、楽しみながら乗り越えることができた

    通塾中、他の小学校のお友達ができて、受検勉強は切磋琢磨して、楽しみながら乗り越えることができたのかなと思います。ありがとうございました。

    avator_junm
    2020年合格

    授業以外でも本人のやる気があればどこまでも応じて指導

    5年生からお世話になりましたが、当初は授業についていくことが大変で、模試でもなかなか結果が出ず、本人も不安だったようです。ただ夏の合宿に参加してから、最後までやりとげたという自信がつき、前向きに勉強に取り組めるようになったと思います。受検が近くなってから、作文や過去問指導など授業以外でも本人のやる気があればどこまでも応じて指導してくださり、本当に感謝しております。反抗期に入り親の言うことは耳に入りにくいようでしたが、先生方のアドバイスは素直に聞き、その言葉に励まされ受検を乗り切ることができたようです。本当にありがとうございました。

    avator_junw
    2018年合格

    先生の言葉と四谷の仲間は、かけがえのないもの

    「本気でやらないんだったら帰れよ」先生から言われたこの言葉で、私は本気になりました。このときから私はこの言葉を心にとめて勉強するようになりました。楽な方に逃げそうになった時に何とか頑張ることができたのも、この言葉のおかげです。また塾の授業が無い日に自習する場所があり一緒に頑張る仲間がいたことも、とても励みになりました。ときには勉強を教え合い、ときには冗談を言い合える友達は、私が勉強をするためにかけがえのないものでした。四谷に入ったおかげで貴重な2年間になりました。

    avator_junm
    2018年合格

    弱点補強講座で、苦手な速さの問題が得意になった

    僕は将来、獣医師になり海外で活躍するという夢を実現させるためには、まず英語が大切であると考えました。そこで、英語を学ぶ機会の多い青陵中を受検すると決めました。塾での受検対策で役に立ったと思うことは、「弱点補強講座」です。ここでは自分の苦手な単元の解説をさまざまな先生にしてもらえます。自分が苦手だった速さに関する問題を、この講座のおかげで得意に変えることができました。たくさんの先生方のおかげで合格できました。本当にありがとうございました。

    avator_junw
    2018年合格

    11月のテストで不安になっても、諦めずに勉強した

    私は仙台青陵中等教育学校の「ことばと論理」などの授業を受けて、言葉について深く学びたいと思い、この進路を選びました。でも受検はぎりぎりの勝負でした。11月に受けたテストでは、合格確率は20%以上50%未満でした。私は「合格できないかも」と最初は考えてしまっていました。でも塾の先生方が「まだ間に合う」と言ってくださったので、諦めないで勉強することができました。これから受検する方も、もしも本番直前のテストで点数が悪かったとしても、最後まで諦めないで頑張ってください。

    avator_junw
    2018年合格

    志望校のことをよく知ることと、先生のアドバイスが大切

    私はこの塾に入った頃、高校受験は中学受検に合格すれば、無いということと、いえから近いという理由から、仙台青陵中等教育学校を志願していました。しかし私は二華中祭に行った時に多くの二華中学校の特長を知り、二華中学校を志願するようになりました。すると、私が通っていた国見ヶ丘校の先生がどのような講座を受ければよいのか教えてくださいました。他にもいろいろな先生から多くの知識を学べました。きちんと志望校について知って、先生のアドバイスをよく聞いて勉強に励んでください。

    avator_junw
    2018年合格

    合宿で良きライバルでもある仲間に出会えたことが励みに

    私は5年生の春ごろに入塾したため、初めのうちは授業についていけませんでした。しかし基礎を徹底したところ6年生になって成績も上向きになりました。また6年の合宿で良きライバルでもある仲間に出会ったことがさらに励みとなりました。冬休みには過去問集の「銀本」を繰り返して解き方の確認をしたことで、本番当日も落ち着いて問題を解くことができました。これから受検をする皆さん、当日は緊張すると思いますが、今までの努力を信じて、むしろ受検を楽しむ気持ちで全力を出し切って、合格まで駆け抜けてください。

    avator_junw
    2018年合格

    サッカーと両立できたのも、先生や両親の支えのおかげ

    私はサッカーに週5日通っていたため、塾とのスケジュール調整が大変でしたが、先生に授業日の変更を相談したり他の校舎で授業を受けさせてもらったりして、なんとか両立することができました。四谷の全校舎を制覇した私の感想は、どの校舎の先生も、おもしろい話と分かりやすい説明で学習意欲を上げてくれて、塾に行くことがいつでも楽しくなりました。これから受検を考えている皆さん、スポーツとの両立が難しくても夢を諦めずに、悔いのないように頑張ってください。今回指導してくれた先生方や支えてくれた両親に感謝したいと思います。

    avator_junm
    2018年合格

    みんなもつらいのは同じ。仲間と一緒だから諦めない!

    青陵中の学校説明会で、活き活きとしている先輩たちを見たことや、模擬授業が楽しかったことで、受検しようと決めました。競泳をやっていて毎日練習があり、勉強との両立がつらくなったとき、四谷の友達と互いに励まし合ったことで乗り越えることができました。本番前、緊張からか勉強に集中できなかった時期もありましたが、「みんなもつらいのは同じ、でも仲間と一緒だから諦めない」という気持ちで、当日まで頑張り抜きました。これからは大学受験に向かって頑張りたいです。

    avator_junw
    2018年合格

    成績が不振でも、目標を持ち最後まで諦めずに全力で

    私の塾での順位は、上がったり下がったりを繰り返していました。6年生の8月に行われた二華中模試では塾内順位が78番で現状のままでは合格が難しいと言われていました。しかし仙台二華中に入学するという目標を持ち最後まであきらめずに勉強に取り組んだことで、最後に合格を掴み取ることができました。私は入塾してからの2年間で、どれだけその時の成績が不振でも、諦めずに取り組むことが大切だと感じました。後輩の皆さんも、最後まで諦めずに目標を持って全力で勉強に取り組んでほしいです。

    avator_junw
    2018年合格

    先に入塾した人とも対等に競い合えるように努力した

    私は東北地方で2人しかいない、動物眼科医になりたいと考えています。そのためには将来、外国で学ばなければならないので英語力も必要です。そこで考えたのが、英語教育にも力を入れている仙台二華中学校に進学するという道でした。俊英四谷大塚に入った時期は、他の人よりも少し遅く、授業についていくのが大変でした。しかし努力をした結果、4年生から通っていた人と対等に競い合えるまでになりました。二華中合格を目指している皆さん、努力をおこたらないようにして頑張ってください。

    avator_junm
    2018年合格

    本番の2週間前にインフルエンザになってしまった僕に

    僕が忘れられないことは、受検本番の2週間前にインフルエンザにかかってしまったことです。2週間前まできたら受検のことで頭がいっぱいになってしまいます。しかもインフルエンザなので、治るのに1週間はかかります。そんな状況のときに、塾の先生から「いつも通りにやれば合格できる!」と言われて、自信を持って受検に挑むことができました。塾の先生がいてくれたからこそ、僕が本番も自信を持って挑むことができたのだと思います。

    avator_junw
    2018年合格

    塾をフル活用し、友達と競い合いながら楽しく勉強した

    私は学力の高い仲間たちと共に勉強したいと思い、仙台青陵中等教育学校を志望校としました。そして合格するために、俊英四谷大塚に入塾しました。私は受検する1年以上前から自習室をよくつかい、先生にも質問をしたり作文を添削してもらったりして、塾をフル活用して勉強しました。また、同じ教室の人とも友達になり、競い合いながら楽しく勉強することができました。次の受検生の皆さんも、受検勉強を楽しんで、ぜひ合格をつかんでください。

    avator_junm
    2018年合格

    僕が合格できたのは、家族の支えのおかげ

    僕が仙台二華中学校を知ったのは、姉が入りたいと言ったことからでした。その後、家族で文化祭に行き、学校の方針などを知るうちに、僕も入りたいと思うようになりました。6年生になると、僕はケアレスミスが増えてきました。どうしようかと家族や先生に相談し、毎朝、母がつくった計算プリントを解いてミスを減らしていきました。これらのことから分かるように、僕が合格できたのは家族の支えがあってのことです。家族にはときどき厳しくあたることもありましたが、とても感謝しています。

    avator_junw
    2018年合格

    講習後の自習時間では、苦手教科や銀本に集中した

    私は英語が好きです。そのため、中学校は英語に力を入れている中学校に入りたいと思っていました。そのとき、学校の友人に仙台二華中学校のことを聞き、「ここに入りたい!」と思いました。塾では週テストや月例テストがあり、本番はあまり緊張せずに試験に臨めました。本番も試験会場で知っている人たちがいたことも良かったと思います。直前の塾の冬期講習後の自習時間には、苦手教科や銀本など、集中して取り組めました。先生にわからない問題を聞けたこともとても良かったです。

    avator_junm
    2018年合格

    360時間達成の「学習マラソン」が私を変えてくれた

    私がこの進路を選んだ理由は、中学生のうちからよりレベルの高い環境で学びたい、英語力を高めたいと思ったからです。そして私は俊英四谷大塚に通い始めました。初めのうちはなかなか勉強のペースについていくことができませんでしたが、夏休み前から始まる「学習マラソン」が私を変えてくれました。360時間達成できたことが自信となり、受検までモチベーションを保つことができました。来年二華中学校を受検する後輩の皆さんも、自分が変われるきっかけを見つけ、合格に向かって頑張ってください。

    avator_junw
    2018年合格

    私を大きく変えたのは、仲間との合宿でした

    私は6年生の4月に入塾し、みんなより一歩遅れたスタートでした。そのため人一倍努力しました。私を大きく変えたのは合宿でした。勉強漬けかと思っていましたが、「答えの分かっている問題を解説する」という課題も出され、仲間と協力し合って勉強しました。その時に、「勉強は1人でするものではなく、仲間と一緒にする良さ」に気づきました。これから受検する人たちには、周りには先生方や仲間がいるということを忘れずに勉強に取り組んでほしいと思います。

    avator_junw
    2018年合格

    外科医になる夢を叶えるために、二華中を目指した

    私には将来、外科医になるという夢があります。仙台二華中には、「サイエンティフィックリサーチ」や「インターナショナルスタディ」という活動があり、外科医になる夢を叶えるために必要な基礎学力が6年間で身に付くと思いこの進路を選びました。6年生の6月からという少し遅い入塾でしたが、四谷の先生方は分からなくなる重要ポイントを把握したうえで教えてくださるので、効率よく受検勉強を進めることができました。塾から出された課題をしっかりこなしていけば、必ず成果が表れます。皆さん四谷の先生を信じて頑張ってください。

    avator_junm
    2018年合格

    不安でも「絶対合格するんだ」と言い聞かせて乗り越えた

    私には幼い頃から決まっていた将来の夢があり、その夢に近づくための第一歩として、二華中受検をしようと思ったのが俊英四谷大塚に入塾したきっかけでした。四谷では毎回定期的に行われるテストの結果で、クラスや席順が変わるシステムがあり、それが私にとって勉強の原動力になりモチベーションとなっていました。本番が近付くと不安や心配が大きくなるので、私は「絶対合格するんだ」と自分に言い聞かせて乗り越えたのを覚えています。入試は精神との戦いでもあります。だから不安や心配に負けないことが大切です。

    avator_junm
    2018年合格

    大勢のライバルとの夏合宿で、気持ちが強くなった

    私は仙台二華中学校の取り組みの一つである海外研修にあこがれて、入学したいと思うようになりました。塾に通ってから一番印象に残っていることは6年生の夏休みに参加した合宿です。大勢のライバルに囲まれた環境だったからこそ、「負けたくない」という気持ちが強くなり、それが良い結果につながったのだと思います。勉強への熱意が下がり自信をなくしたときでも、塾の先生から励ましの言葉をいただいたことで、本番も自分の実力を発揮できました。後輩の皆さんもあとで良かったと思える受検にしてください。

    avator_junm
    2018年合格

    2組に落ちたら受検をやめる覚悟で、全力で勉強した

    私は小学5年生の後期からの入塾で、分数どうしのかけ算やわり算もまともにできない生徒でした。だから5年生の時は2組でした。私は早く他の人に追い付きたいと思い、勉強して、6年生の1回目のテストでは良い結果を出しました。しかしそれで油断した私は、2回目のテストで順位を300番ほど落としました。その後私は、2組に落ちたら受検をやめる覚悟で勉強し、ずっと1組に居続けました。少し成績が上がって満足するのではなく、常に1位を目指して全力で頑張れば、本番でも良い結果が出ると思います。

    avator_junm
    2018年合格

    自分に合った学校を考え直して、志望校を決めた

    僕が青陵中等教育学校を志望校に決めたのは、塾で志望校の選び方を教えてもらったからでした。実は6年生の夏までは仙台二華中を、宮城で一番頭の良い中学校だと思うからという理由で、志望校にしていました。しかし塾では、自分に合った学校を受検した方が良いと言われたので、自分の将来に向けて英語をたくさん学びたいと思い、仙台青陵中の方を志望校に選びました。この志望校選びのことだけではなく、俊英四谷大塚に通ったおかげで、勉強以外でも受検のためのいろいろなサポートもあったので、とても役に立ちました。

    avator_junw
    2018年合格

    苦しい時もやる気につなげ、当日まで気持ちを高めて合格

    私は6年の前期に入塾しました。遅い入塾だった分、最初は周りの人に追い付こうと必死でした。特に印象的だったのはテストや模試の結果によるクラス分けや席順です。これは私にとって苦しい部分もありましたが、やる気にもつながりました。受検勉強中は思うような結果が出せなかったり、分からない問題に出合ったりすることがありました。しかし丁寧にまとめた授業のノートやテキスト確認することで受験当日まで気持ちを高められました。

    avator_junm
    2018年合格

    作文や面接など、苦手なことを重点的に練習した

    僕は小学4年生のときに二華中を受験したいと思い、入塾しました。入った頃はテストの結果で席が変わるので緊張していましたが、先生の楽しい授業のおかげで良い成績を取ることができて、自信を持てました。入試前の冬休みでは、作文や面接などの僕が苦手なことを重点的に取り組んだので、入試本番で焦らずに問題を解くことができました。自分が苦手な分野を練習すれば合格することができるはずです。これまで応援してくださった先生方、本当にありがとうございました。

    avator_junw
    2018年合格

    当日の早朝激励の先生方の言葉が、自信になった

    私は地球環境について学びたいと思い仙台二華中を5年生のころから目指すようになりました。入塾してすぐの頃は塾の勉強についていくのがやっとで、このままで本当に合格できるのか不安でした。6年生の後期になり、過去問演習に多く取り組むようになると、少しずつですが今まで解けなかった問題も解けるようになって、自信がついてきてとても役立ちました。入試当日の早朝激励のときの先生方の言葉も自信になりました。

    avator_junw
    2018年合格

    四谷の先生方や仲間がいたから、成長できた

    私は四谷に入塾するまで、別の塾に通っていました。その塾では常にトップレベルで全国ランキングに載ることも多かったです。しかし四谷に来てからは周りの人たちのレベルの高さに驚き、追いつこうと今まで以上に勉強したのを覚えています。また、分からない問題を先生方が快く教えてくださり、6年生になってから1組にいることが多くなりました。四谷の先生方や仲間がいたからこそ、私は目標としていた二華中に合格できました。私は中学受験や四谷での勉強を通して、学力的に精神的にも成長できたと感じています。

    avator_junw
    2018年合格

    テストの経験があったから、本番も緊張せず合格できた

    最初は、親に塾に行きなさいと言われたので通っていたのですが、四谷でみんなと競うことがどんどん楽しくなっていきました。印象に残っていることは受検直前の実力判定テストで、とても悪い成績を取ったことです。その経験があってから、より一層、勉強に励みました。塾での受検対策の中で1番役に立ったことはテストの経験です。四谷ではさまざまなテストがありその経験もあったおかげで、本番も緊張せずに済みました。私が合格できた理由は本番の時に緊張しなかったからだと思っています。そのくらいテストに慣れることは大切です。四谷はとても楽しかったです。感謝しています。

    avator_junm
    2018年合格

    本番まで1日1日を大切にしながら、全力で努力を

    僕が開成中学校に入りたいと思ったのは、よりレベルの高い中学に入りたいと思ったからです。受験勉強で特に役立ったのは、学校別のコースでした。そのコースでは毎週特別なテキストが配られてテストも実施するため、特色ある入試問題のコツをつかむこともできました。そのおかげで合格できたと思います。これから中学受験に臨む皆さんは、本番まで1日1日を大切にしながら全力で努力し、自分の夢が叶うよう頑張ってください。

    avator_junw
    2018年合格

    苦手だった作文も、先生の添削のおかげで高得点に

    私は6年生になって作文の授業が始まってから、作文を書くのが苦手だと感じるようになりました。しかし試験には作文もあるのだから、どうにかしなくてはと思い、テキストに載っている課題を毎週書いて提出し、先生に添削してもらうようにしました。すると6年生の後期から始まった日曜特別講座の作文のテストで、高得点を何度も取れたり、100点を2週連続で取れたりするようになりました。

    avator_junm
    2018年合格

    冬期講習の追い込みが、自信になった

    四谷大塚で特に印象に残っていることは、6年生の冬期講習です。私の場合、6年生の前期は良かったのですが、後期になるにつれて成績が落ち込み、直前の12月になっても自信が持てませんでした。自信をつけるために冬期講習は午後も残って自習し追い込みました。その際に四谷の先生に質問をした時の温かい対応や数々のアドバイスが、私に自信をつけてくれました。そのおかげで合格できたのだと思います。受検は自分を信じる力も大切です。後輩の皆さんも努力を積み重ねて自信と合格を掴み取ってください。

    avator_junm
    2018年合格

    「いつも通りにやれば合格できる!」で自信が持てた

    僕にとって忘れられないことは本番の2週間前にインフルエンザにかかってしまったことです。直前で受験のことで頭がいっぱいでしたしインフルエンザが治るのに1週間もかかることで不安でした。しかし塾の先生に「いつも通りにやれば合格できる!」と言われたことで自信を持って受験に挑むことができました。先生方がいたからこそ、僕が自信を持って本番に挑み合格できたのだと思います。

    avator_junw
    2018年合格

    良きライバルとの出会いが励みに

    私は5年生の春ごろに入塾したため、初めのうちは授業についていけませんでした。しかし基礎を徹底したところ6年生になって成績も上向きになりました。また6年の合宿で良きライバルでもある仲間に出会ったことがさらに励みとなりました。冬休みには過去問集の「銀本」を繰り返して解き方の確認をしたことで、本番当日も落ち着いて問題を解くことができました。努力を信じて受験を楽しむ気持ちで全力を出し切ってください。

    avator_junm
    2018年合格

    目標を持ち続け最後まであきらめなかった

    僕の塾での順位は、上がったり下がったりを繰り返していました。6年生の8月に行われた二華中模試では塾内順位が78番で現状のままでは合格が難しいと言われていました。しかし仙台二華中に入学するという目標を持ち最後まであきらめずに勉強に取り組んだことで、最後に合格を掴み取ることができました。後輩の皆さんも、成績が不振な時も最後まであきらめずに目標をもって全力で勉強に取り組んでほしいです。

    avator_junw
    2018年合格

    自分を追い込んだことが自信につながった

    私の場合、6年生の前期は良かったのですが、後期になるにつれて成績が落ち込み、直前の12月になっても自信が持てませんでした。自信をつけるために冬期講習は午後も残って自習をして追い込んだことが特に印象に残っています。その際に四谷の先生に質問をしたときの温かい対応や数々のアドバイスが、私に自信をつけてくれました。そのおかげで合格できたのだと思います。皆さんも努力を積み重ねて自信と合格を掴み取ってください。