進学プラザグループ

鈴木 正昭 講師紹介
Lecturer

    • 入塾までの流れ

    お知らせ

    • 一高・二高突破模試
    • 二華中青陵中模試
    • 山形東高・南高・西高 突破模試
    • 東桜学館中突破模試
    • 福島県中学受験突破模試
    • 福島県高校受験突破模試
    • 俊英四谷大塚入塾テスト
    • 俊英四谷大塚ジュニアコース
    • 俊英リトルコース
    • オンライン英会話_EST

    進学プラザグループ

    • 仙台進学プラザ
    • 仙台個別指導学院
    • 俊英四谷大塚
    • 育英舎自立学習塾
    • パズル道場
    • TOPPA館
    • 東進中学NET
    • 東進衛星予備校
    • Lepton
    • クラスベネッセ
    • オンライン英会話_EST
    • フェニックス
  • 生徒の心に残る講師


    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/dearlife/shin-pla.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/ssplaza2/single-koushi.php on line 105
    私の高校時代の話ですが、とても印象に残っている先生がいます。その先生は年配の方で英語担当、割とスマートな発音をされていました。そして、質問に対して答えられない生徒には、席の脇に立たせるという古風なスタイルを貫いていました。今となっては、その貫き続けた信念の強さにはとても魅力を感じますが、当時は立たされるのが嫌で、窮屈さを感じる授業の日々でした。 ですが、運命の日は訪れました。つまらない授業中のつまらない余談。その中に一言あったのです。 「バカの一つ覚えというが、一つでも覚えられているんだから、いいんじゃないか。」 まさに、目からうろこが落ち、ハチュウ類からホニュウ類へと進化させられた瞬間でした。「一つでも覚えられれば良い。」当時、様々なことを複雑に感じていた自分としては、一つの方針を与えられた気分でした。今でも、自分の中の基本方針として根づいている言葉です。 今でも、その先生の存在が心の中に残っています。私も生徒の心に残る講師になりたい。一つでいいから生徒の心に何か残せないか、と日々奮闘しています。
    logo

    講師 

    数学 理科

    続きを読む