進学プラザグループ

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<英語>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 今年度も大きな変更点はなく、例年どおりの大問数・配点・構成でした。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<社会>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 大問の構成に関しては、例年同様、地理分野・歴史分野・公民分野からそれぞれ2題ずつ、最後の大問に3分野の融合問題が出題されました。 各分野の配点は融合問題も含めると、地理15問33点、歴史16問35点、公民15問32点でした。 歴史の問題の出題数・配点が他分野よりやや多いのも例年通りでした。 社会科全体で見ると、昨年度に比べて問題数が2問減少していました(48問→46問)。 また、文章記述問題では、融合問題を含めた地理が昨年度と同じ3問でしたが、歴史と公民がどちらも昨年度から1問ずつ減少しています。 他分野よりも地理で思考力が要求されていると言えます。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<理科>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 大問6題構成となり出題傾向が変化、平成23年度以前の形式に戻るかたちとなりました。 昨年度は完全解答問題が9題(26点)出題されていたのに対し、今年度は7題(19点)と減少。 また、難解な計算問題も見受けられなかったこともあり、平均点の低かった前2ヵ年より易化しています。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<数学>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 出題数は例年通り大問5問構成であり、出題傾向も大きな変化はありません。 一昨年は第3問において平面図形での大問、から空間図形での大問、完全証明から穴埋め証明への変化、第4問において放物線を使ったグラフの問題、から二次関数の利用への全体的に見れば大幅な変化がありました。 今年度入試も同様であったことから、当面はこの傾向での出題となると考えられます。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<国語>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 出題された文章のジャンルは論説文と随筆文でした。 第三問で漢文が出題され、第四問の設問に図が用いられました。 四字熟語の知識を問うものや文節の問題が出題されるなど、近年の問題と比べて設問の内容に変化が見られるものでありました。 作文の題材も意図を読み解くのに時間を要すると考えられます。 第二問の漢字出題数が減りましたが、記述文字数が増えて全体として難易度は上がっています。