進学プラザグループ

保護中: 【英語】中学3年生_出題問題の解説動画<TOP5突破模試>

こちらは2018年7月1日(日)開催のTOP5突破模試受験者のみが閲覧可能です。 当日配布されたパスワードを入力して、ご覧ください。 動画のサムネイルをクリックすると、Youtubeの動画が再生されます。

保護中: 【社会】中学3年生_出題問題の解説動画<TOP5突破模試>

こちらは2018年7月1日(日)開催のTOP5突破模試受験者のみが閲覧可能です。 当日配布されたパスワードを入力して、ご覧ください。 動画のサムネイルをクリックすると、Youtubeの動画が再生されます。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<英語>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 今年度も大きな変更点はなく、例年どおりの大問数・配点・構成でした。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<社会>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 大問の構成に関しては、例年同様、地理分野・歴史分野・公民分野からそれぞれ2題ずつ、最後の大問に3分野の融合問題が出題されました。 各分野の配点は融合問題も含めると、地理15問33点、歴史16問35点、公民15問32点でした。 歴史の問題の出題数・配点が他分野よりやや多いのも例年通りでした。 社会科全体で見ると、昨年度に比べて問題数が2問減少していました(48問→46問)。 また、文章記述問題では、融合問題を含めた地理が昨年度と同じ3問でしたが、歴史と公民がどちらも昨年度から1問ずつ減少しています。 他分野よりも地理で思考力が要求されていると言えます。

【青森県】平成30年度公立高校入試問題の分析と対策<理科>

【平成30年度入試問題の構成と特色】 大問6題構成となり出題傾向が変化、平成23年度以前の形式に戻るかたちとなりました。 昨年度は完全解答問題が9題(26点)出題されていたのに対し、今年度は7題(19点)と減少。 また、難解な計算問題も見受けられなかったこともあり、平均点の低かった前2ヵ年より易化しています。